最新情報

「関節可動域表示ならびに測定法」の改訂について
(2022年4月改定)

この度,日本整形外科学会・日本リハビリテーション医学会・日本足の外科学会で検討し、「関節可動域表示ならびに測定法」を改訂することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
以下のURLから通知文書のダウンロードをお願いいたします。

「関節可動域表示ならびに測定法」の改訂について

【重 要】
2022年3月31日までのセラピスト資格有効期限の方の
セラピスト認定資格継続申請について

コロナ禍の影響で継続研修会開催数の激減で、認定セラピスト継続のための単位取得が難しい状況が長期化しておりますため、2021年度に限り単位数を変更いたします。
資格継続必要単位数を現状12単位から10単位に引き下げます。
また、症例報告の提出数を最大4単位から6単位へ変更いたします。

【単位数について】

継続に必要な単位数 現状 変更後
12単位 10単位(2単位減)
症例報告で取得可能数 2〜4単位 2〜6単位(2単位増)
実技プログラム(DVD視聴) 2単位 2単位(変更なし)
学術集会参加・継続研修会参加 6単位 2単位(4単位減)

・症例報告提出期間:2021年7月1日(木)〜9月30日(木)
・継続申請受付期間:2021年9月1日(水)〜2022年1月31日(月)
※資格継続申請料は、今年度から16,000円に変更しております。
※必ず継続申請と申請料のお振込みをお願いいたいます。

2021年6月30日
一般社団法人日本運動器科学会 理事長 星野 雄一
同  セラピスト研修委員長 竹下 克志

セラピスト資格新規取得研修会受講、
資格認定申請(新規、継続)の料金改定について

新型コロナ感染症対策として資格取得研修会会場の収容人員が制限され、需要に応えるための会場数増加等により開催経費が著しく増えています。セラピスト制度を堅持して行くため、2021年3月の理事会において下記の料金改定が決定されました。
尚、金額の変更につきましては、2021年度(2021年5月1日から)となりますが、2021年5月1日以降に開催される、セラピスト資格新規取得研修会は申込みの時点より変更させていただきます。

  • セラピスト資格新規取得研修会受講料
    現行13,000円 → 18,000円に変更
  • セラピスト資格認定(新規、継続)申請料
    現行13,000円 → 16,000円に変更

資格継続研修会の開催方法について

現状では、資格継続研修会の開催は講師とセラピストは現地開催での参加のみ認めておりますが、新型コロナウイルスの感染防止の観点から、講師がオンラインでの講演で、セラピストが現地参加する場合も単位を付与することにいたしました。
※参加者は、現地参加が必須となります。

運動器診療での新型コロナウィルスの対応について

運動器診療での新型コロナウィルスの対応については協力学会である日本整形外科学会のホームぺージにCOVID−19関連特設サイトが開設されておりますのでご参照ください。

日本運動器科学会での新型コロナウイルスの対応

  1. 指導医の5年に1回以上の学術集会参加期限を特例にて1年間延長いたします。 当初、2022年の学術集会までに1回の参加が必須でしたが、第32回日本運動器科学会の開催が1年後に変更となりましたので、2023年の学術集会まで延長することにいたします。
  2. 2021年3月31日までのセラピスト資格有効期限の方について
    資格継続研修会の延期と中止に伴い、特例にて、2021年3月31日までの有効期限の方の資格を1年間延長いたします。 それに伴い、継続申請受付期間は、2021年9月1日(水)〜2022年1月31日(月)に変更いたします。

2020年4月24日
一般社団法人日本運動器科学会 理事長 星野 雄一
同  セラピスト研修委員長 竹下 克志

*第33回 日本運動器科学会学術集会
会  期 2022年7月9日(土)、10日(日)
会  場 京王プラザホテル札幌
会  長 m野 茂(函館工業高等専門学校学校長/
北海道大学名誉教授、大学院保健科学研究院客員教授)
テ ー マ 運動器と取り巻く先進医療学
U R L https://www.33jsmr.jp/
運営事務局 一般社団法人会議支援センター内
〒104-0041 東京都中央区新富1-8-6 SSビル3F
e-mail:a-csc@a-csc.org
*症例報告提出必須化について
平成28年度の資格継続申請から、症例報告2例(2単位)の提出が必須化されております。
詳細は本学会ホームページの『資格継続関連情報』をご覧ください。

会員専用ページ セラピスト専用ページ
キーワード

運動器不安定症

TUG

ダイナミックフラミンゴ療法

ロコモティブシンドローム

運動器キャンペーン

運動器キャンペーン

お知らせ